毛皮のアクセサリー


2 Octobre 2012

私は毛皮が好きです。
東京近郊の冬はそんなに寒くならないのでコートは着ませんが、
狐やミンクの襟巻き、アンティークのショールやマフなどは
季節が来るとそんなに使うことがなくてもウキウキしながら出しはじめます。
動物の毛は触っているととても穏やかな気分にさせてくれます。
アクセサリーの材料にも毛皮を使ったものを今までに何点か作りました。
部分的に毛皮を縫いつけたショールやストールも作りましたが
手元に残っているもので、毛皮を中心にビーズをあしらったアクセサリーを並べてみました。



ミンク2

ホワイトミンクの頭部のチョーカー、ブラックミンクの頭部のブレスレット。
ミンクもそれぞれ顔が違っていて、土台を作って成形して貼りますが
白い方が優しい面立ちをしています。


山猫

豹ではなくて山猫でしょうか?
アンティークの襟だったものとブロンズ、赤のビーズを合わせているカフス。
ワンピースやジャケットに合わせます。
手首がとても温かです。


白黒ハート

白と黒の大きなハートのブローチは兎の毛を刈り込んだもの。
兎は毛皮の中でも一番軟らかくて、毛を刈り込むと
見た目にも触っても不思議な感覚で、ずっと撫でていたくなります。


ワインチョーカー

ワイン色に染めたミンクを黒のビーズや石と組み合わせたチョーカー。
同じ素材でブローチ。


ミンクえり

襟のようなネックレスはミンク。
茶の毛色に合わせてブルー系やブロンズのビーズを使っています。
同じミンクでバレッタ。これは大きめで、小さな帽子のようにも見えます。



毛皮を見たり触ったりしているといろいろとイメージが湧きます。
まだ出番を待っている狐の頭部や様々な色のミンクたち・・・。
バッグや帽子飾りになるのはもう少し待っていてくださいね。

| HOME |