コマドリの会話、雀のおしゃべり


13 janvier 2013

bird


『プルートで朝食を』は好きな映画の一本です。
幼い頃から両親の愛を知らずに育った主人公が、
少年の頃から女装が好きでゲイになって行く姿が、実に爽やかに軽やかに描かれています。
ラストシーンでも本当はたくさんの苦悩のある人生なのに
あえて名乗ったりハグしたりしない、主人公の思いやりある姿に胸がつまります。
映画の中で、主人公のチャーミングな性格を更に引き立てているのが
最初から最後までずっと彼を見守っているコマドリ2羽のような気がします。
2羽はいつも窓越しに彼を見ては「今日は元気がないね。」とか「大丈夫かな・・」
とか、心配したり良い事があると喜んだりします。
小鳥たちの会話は微笑ましく、観ている側の気持ちも救ってくれるかのようです。

私の家にはコマドリは来ませんが、パン屑を庭に撒くと
雀やヒヨドリ、メジロなどが良く来ていました。
パンをお皿に入れると警戒して食べないので、直にぱーっと撒きます。
気の小さいのは、集団で来ても隅っこの方に持っていって食べたり、
一羽でも来るのはなつこくて、撒いてないと催促をします。
最近は冬になっても来ないね・・・と言っていたら、少し前ですが
私が散歩をしている時、頭の上でなにやら騒がしい。
そして、私の歩く道前方三メートルほどの所に、なんと
五、六羽の雀たちが降り立ち、地面をつつく動作をしたのです。
これは餌の催促のポーズです。
「えーっ!帽子被ってるのに私が判るのー?今何も持ってないよ。」と思いましたが
一瞬で飛び立ってしまったので、もしかしたら
「元気だね。いつもの私たちよ。」と挨拶しに来てくれたのかもしれません。
それからしばらくして、今度は昼寝をしようとカーテンに手をかけたら、
また五、六羽の雀たちがベランダの手擦りにこちらを見て留まっています。
二言、三言何か言って飛んで行きました。
なんて言っていたのでしょう。
映画のコマドリのように、雀たちもいつもおしゃべりしているのでしょうか。
たぶん、この雀たちは私の人生を心配してくれてるというよりは餌の心配だと思いますが(笑)。
雀たちを見て、もう何年も前に観た映画でしたがコマドリの会話を思い出して書きました。

※写真は小鳥のおしゃべり(さえずり)を録音したCDジャケットです。

幸せな一年を


8 janvier 2013

shakuyaku


遅ればせながら、新年おめでとうございます。
昨年も皆様には大変お世話になりまして有難うございました。
私は大病を患い仕事を休んで三年になりますが、
昨年は少しずつでもこのMonologueを更新できるようになり
自分にとって、ささやかですが大きな喜びでもありました。
私の祖母は何かにつけ「幸せだなぁ・・・」と言うのが口癖でしたが
私もこれを受け継いだのか、いつもそう思うのです。
朝目がさめても幸せで、ご飯を食べては幸せで、美しい花を見ても幸せです。
こうして私の書いたものを読んでくださる方がいらっしゃることもこの上ない幸せです。
いつもそう思っていると思いがけない喜びがもっと幸せにしてくれて
昨年暮れの私の誕生日から素晴らしい一年の始まりを迎えることが出来ました。
どうか皆様にとって今年も幸せな一年でありますようにとお祈りいたします。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

| HOME |